CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
 私は韓国の女性と結婚して韓国に渡り、12年間の韓国生活を経て帰ってきました。現在は、韓国法人である印刷・出版会社の日本支社に勤務しております。
 異国人の妻との共同生活を通して、そして実際に韓国で滞在してときに経験したことを根拠として、日常生活の中で感じるをアップしていきたいと思います。
【(株)成誌イーディーピー SEISHI EDP CO,. LTD】
sung1290
 東京出身の45歳。妻は韓国人で、娘2人、息子1人の5人家族です。
 韓国では、「ソウル駅」から歩いて15分程度の住宅街に住んでいました。会社も歩いて5分の所にあり、通勤地獄とは関係のない優雅な生活をしていました。しかし、日本に帰ってからは、通勤時間が1時間半となり、しかも満員電車に乗って行かねばならず、ちょっとバテ気味です。
 妻の実家は「全羅北道」扶安郡(南西地方)という田舎です。妻との会話は韓国語で話しますが、妻が標準語でなく方言を話すので、私も方言で会話する癖がついてしまい、困っています。
 昨年2月の記録破りの大雪で屋根が潰れてしまい、家を新築しました。今夏、実際に行ってみたら、天井がちょっと傾いていたのは愛嬌でした。話を聞いてみたら、内装工事は大工にさせないで、実家の跡継ぎのお兄さんが全部自分したとのこと。
 現在、千葉で両親と同居しています。