CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
 私は韓国の女性と結婚して韓国に渡り、12年間の韓国生活を経て帰ってきました。現在は、韓国法人である印刷・出版会社の日本支社に勤務しております。
 異国人の妻との共同生活を通して、そして実際に韓国で滞在してときに経験したことを根拠として、日常生活の中で感じるをアップしていきたいと思います。
【(株)成誌イーディーピー SEISHI EDP CO,. LTD】
23.疑問な第二回南北頂上(首脳)会談の開催時期と場所
0
     8月28〜30日にかけて、第二回南北首脳会議が平壌で開催されるという報道があった。韓国の9時のTVニュースでは50分に亘り、首脳会議に関するニュースばかりが放映された。それだけ、韓国にとって大きな関心事であるが、7年前に開催された第一回の会談の時に比べて、国民は賛否両方の見方を持っている。

     第一回目の時は、「金大中」前大統領が「金正日」国防委員長に会うこと自体が目的であり、会談が開催された事自体が大きな成果と見なされた。しかし、政権交代後になって、会談の対価として大統領の側近が北朝鮮に5億ドルを送金したという事実が発覚され、金大中前大統領がノーベル平和賞欲しさに、金正日に会うために送金したという醜聞が暴露されてしまった。

     今回は、大統領選挙を四ヶ月後に控えた時期での首脳会談の合意であった。任期中にこれと言った実績のない盧武鉉大統領が後世に名を残すため、実績作りとしての工作であり、また、会談を成功させながら国民の支持を与党の大統領候補に持って行くための工作であるとも、国民は見ている。

     与党は歓迎論であるが、保守系統である野党は、大統領選挙を混乱に貶めるための工作であるとして、非難している。

     私自身、首脳会談をすること自体には反対ではないが、盧武鉉大統領が果たして、国や国民の為に合意させた会談であるのか、会談の成果を見ながら判断したいと思う。前回と違って今回は、北朝鮮の非核化の約束を取り付けるなどの具体的な成果が必要である。そうでなければ、わざわざ平壌に会いに行く必要はないからである。

     第一回の会談での合意内容として、金正日のソウル返礼訪問という事項があった。今回は、金正日が韓国に来るのが順番でありながら、韓国の大統領が続けて北朝鮮を訪問することになった。これは、北朝鮮に対して韓国が朝貢を行っているように見える。約束を守らせないで下手に出るのは、対等の国家間の付き合いではなく、北朝鮮におもねっているとしか思えないからである。

     そして、開催時期としても、日本の北朝鮮に対する立場を弱くさせるためには、丁度良い時期である。反日を基本姿勢とする盧武鉉大統領が、日本人拉致問題で北朝鮮に強硬姿勢を崩さない日本を孤立させるための意図が汲み取れる。丁度、アメリカの北朝鮮に対する態度が軟化し、北朝鮮の非核化を協議する六カ国協議国の中で、日本だけが北朝鮮に対して強硬な態度を示している。日本が六カ国の中で浮く状態にさせて、北朝鮮が日本との外交において、有利にさせようとしている。現時点では、北朝鮮を無視していたアメリカが直接相手にするようになり、アメリカとの直接交渉が狙いの北朝鮮にとって、もう日本を相手に下手に出る必要がなくなった。今回の会談は、日本を更に孤立化させるための南北首脳会談に成りかねない。
    | 政治 | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    22.韓国人に乞食頭と錯覚させた日本女性の髪型
    0
       3年前に家族で日本に永住帰国したが(老後は韓国で住むかも知れない)、家内が日本の女性の髪型を見て開口一番、「日本の女性は乞食みたいな頭をしている」と言い放った。
       後ろから見ると、首から下の部分にかけて髪をすいて髪の量を減らし、髪の先端の長さは一定になっておらず、クラゲみたいな髪型のことである。髪型名は知らないが、現在でも流行している髪型であることは確かである。



       この髪型は、本人なりに相当手入れをしているであろうと憶測できるが、韓国人が何の偏見もなしに見ても、髪の手入れをしない乞食のように見えてしまうのであった。
       同じ髪型を韓国人が見たら乞食くさく見え、日本人が見たら流行を追っているように見えるのは、私が端から見ていて、興味深かった。

       以前、アメリカであるものが流行すれば、それが6ヶ月遅れで日本で流行し、更にその6ヶ月後に韓国で流行するという話を聞いたことがある。実際、ひざが破れたジーパンは、日本を通して韓国でも流行した。

       1年前頃から、乞食の頭と思われている髪型を、韓国でもタレントがするようになった。韓国人にとっては周囲から乞食と思われるような髪型を、タレントが率先してするようになると、既にその髪型は乞食頭と見なされず、最先端のファッションと評価される。

       日本で流行したというだけで、いずれ韓国での既存の評価が180度変わり、価値観が変わる現象を見た時、とても面白く感じた。
      | 文化 | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
      21.高句麗を扱ったドラマから窺える韓国の中華思想
      0
         韓国では去年から今年にかけて、「高句麗」を時代的舞台にした大河ドラマが放映されている。「朱蒙(チュモン)」、「淵蓋蘇文(ヨンゲソムン) 」といったドラマである。

         ヨン様主演の「太王四神記」というドラマも高句麗がテーマのドラマであるが、近日公開予定である。

         従来は李朝(李氏朝鮮)を舞台とした物が多かった。高句麗くらいの時代になると大昔となるため、歴史的資料も乏しく、ドラマ化されることが殆どなかった。
         しかし、近年になって中国が「高句麗は、中国支配下の一民族が建国した一王朝であった」という主張が頻発するようになったため、高句麗が韓民族が建国した偉大な国であったことを宣伝するために、上記のようなドラマが製作されるようになったと思われる。

         「朱蒙」では、当時の中国の「漢」を無条件に悪者として描いており、高句麗が漢を攻撃するのが絶対善とされていた。「淵蓋蘇文」では、中国の「隋」の当時の皇帝を滑稽で馬鹿な皇帝として描いている。

         昨日見た「淵蓋蘇文」の一場面において、隋が攻めてきた大軍を高句麗が受けて立ち、陸・海軍ともこれに戦って勝ち、高句麗の戦勝を祝賀するために周辺国から派遣されてきた使節を、高句麗の王が謁見する場面があった。
         高句麗はその周辺国の使節に対し、全員を広場に土下座させていた。使節であれば立って挨拶をさせるのが普通と思われるが(実際、他の韓国のドラマを見ても、他国の使節に土下座させて挨拶する場面を見たことはない)、高句麗の王が使節の主人であるかのように振る舞っていた。
         そして高句麗の王は、「高句麗に従順屈服して朝貢を維持すれば、高句麗も保護する用意がある」として、使節に対して土下座させたまま、高句麗の王に向かって万歳を強制していた。更には、万歳の声が小さいとして、高句麗の一将軍に過ぎない者が、使節を叱責する場面さえあった。
         また、使節の代表者が日本人であったが、高句麗に完全に従順屈服するという誓いまでさせていた。日本人を蔑むことで優越感に浸りたいというドラマの意図が感じられた。

         このように、ドラマの一場面を通して、ドラマ製作者が韓国人の中華思想を鼓舞させようとする意志を確認することが出来る。これは裏返っては、今現在の韓国の姿がそうでないため、そうなりたいという願望をドラマを通して実現させたものともいえるであろう。

         この中華思想によって、韓国人が韓国人としての誇りを持ち、国民を一つにまとめるためには、必要であるのかも知れない。
         ただし、自分の国だけが絶対正しく、善であり、周りの国は間違っており、自分たちに隷属されるべきであるという思想は、危険である。
         韓国では、物事を全て白黒をはっきりとさせたがる傾向があり、自分が善であるならば、必然と相手は悪であるという考えに陥り易い。

         韓国人が全く周囲のことを顧みず、自分だけが正しいとして自己正当化する国民になって欲しくないと思う。もう少し、柔軟な考え方が出来るようなドラマの作り方が必要であると思われるが、如何せん、国民の意識が柔軟的でないため、期待すること自体が難しい事であるかも知れない。国民の意識が、ドラマ作りに大きく反映されるからである。
        | ドラマ | 17:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        20.ドラマに登場した韓国人が抱く、間違った日本人観
        0
           韓国の民放TV局MBCで週末ドラマとして放映中の「本当に、本当に、好き!」(日本語訳は私が勝手につけました)を見ました。
           劇中で、大統領夫人が日本の女性文化人を大統領府に招いて食事をする場面がありました。韓国のドラマでは、日本人は高慢で礼儀知らずの存在として描写されるのが常ですが、このドラマも他聞に漏れず、日本人が無礼な態度で大統領夫人に接していました。その日本人女性は日本の文化が最高だとして韓国の文化を見下し、日本の自慢ばかりをしていました。
           これは面白いことに、韓国人が韓国を最高だと思う思想があるからこそ、翻って日本人もそのように日本が最高だと自慢するだろうという予測を基に、ドラマのストーリーが展開されていることを読み取ることが出来ます。

           食事として出された鍋料理で「清麹醤」(チョングクチャン)といって、日本の味噌のようなもので、臭いが鼻を突く料理が出されました(個人的には臭いがくさいものの、とてもおいしいので、好きな料理の一つです)。日本人は臭い料理は食べられないとして、はっきりと拒否の表示をします。

           もし、本当の日本人だったら、どのような行動を取るでしょうか?
           臭いがくさくても、取り敢えずは食べてみて、そして、おいしくなかったとしても、相手を立てるために、お世辞で「おいしい」という言葉を発したのではないでしょうか?
           しかし、ドラマでは、日本人は口にすることもせず、あからさまに臭い物を出したことに対する失礼に不満を表します。韓国人の思考・行動方式を日本人にそのまま当てはめた、間違った日本人観を披露していました。

           ドラマであると言っても、高慢で無礼な日本人観をTVで放映して、間違った日本人観を視聴者に植え付けるのは、韓国の国民を欺く、むしろ売国奴と言えるでしょう。日本人を必ず悪役として登場させ、しかも、日本人の国民性を歪曲して伝えるドラマは、日韓の真の交流を妨げるつまずきの石です。

           更に噴飯物としては、普段は仲が悪く、いがみ合っているコック同士が、日本人に馬鹿にされたのを機会として、いきなり意気投合する姿でした。日本人を悪役としてだしに使って和解させるのではなく、ほかの事件を通して、自然に和解するようにして欲しかったものです。あまりの唐突さにあきれました。

           また、韓国人の傲慢さを目の当たりにさせられる場面もありました。日本人が「清麹醤」を嫌がるので、プライドを傷つけられたとして、何が何でも食べさせようと努力をすることでした。「清麹醤」を使ってアイスクリームを作り、日本人の口から「おいしい」という言葉を言わさせたのです。

           日本人だったら、どうでしょうか?最初から「清麹醤」は出さないかもしれません。臭いがひどく、外国人が嫌がるのは目に見えているからです。そして、実際に出してみて、もし外国人が嫌がるようだとしたら、絶対にそれ以降は出すことはあり得ないでしょう。相手に対する配慮を必要以上にしてしまう日本人は、プライドを傷つけられたとしても、無理に出すことはしないからです。
           
           このように、ドラマを見ながらも日本人と韓国人の国民性の違いが浮き彫りになりますが、問題はドラマという色眼鏡をを通して相手の国民性の是非を問うてはならないことです。
           このドラマを通して、韓国人の日本に対する偏見を汲み取ることができますが、これはあくまでもドラマであって、韓国の一般庶民の感覚とは完全に一致していないということです。マスコミは視聴率を上げるために、このような毒をまき散らしますが、一般庶民はむしろ、常識的で友好的な態度の人が殆どであると言えます。
          | ドラマ | 22:02 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
          19. 集中豪雨による大被害
          0
             ここ数日間の集中豪雨による被害が、韓国の大ニュースとなっている。
             江原道(東北部)地方の被害が特にひどく、今日現在の犠牲者は、死亡者が15名、失踪者が23名となっている。毎年繰り返される集中豪雨による被害であるが、今年も土砂崩れで生き埋めになって犠牲になる人たちが続出した。また、道路が鉄砲水で流されて、道路が断たれ、孤立している集落も17カ所に至るという。

             ニュースの中で、毎年繰り返される集中豪雨の被害が、単なる天災ではなく、人災でないかと告発していたのは興味深かった。
             交通量の多い高速道路が土砂崩れで不通になったのは、山の斜面を切り出した部分の補強が設計からして疎かになっていたという主張である。
             また、ソウルでは、地下鉄工事において川底の下を掘る工事のため堤防を削ったが、工事が終わったとして堤防を再構築したものの、今回の大雨でその削った部分から堤防が決壊したという。手抜き工事のせいであると見られている。

             数年前、私が飛行機の窓から日本と韓国の山間部の様子を比較して観察してみたところ、韓国では山の稜線まで開発が進んで、山が丸裸になっている所が多かったのを覚えている。土砂崩れが多く発生するのは、森林の保水力が弱化していることに起因していると思われる。単なる天災とは思えない所以である。

             そして、ソウルでは「半地下」の世帯が水浸しになったという報道もあった。私も実は、ソウルでは半地下の部屋に住んだことがあった。窓もない完全な地下ではなく、辛うじて窓だけが地表に顔を出す、所謂「半地下」の部屋である。ソウルでは、外から見たら一軒家に見えるもの、実は中では多世帯が住む住宅になっている物が多い。私の住んでいた所は、半地下に2世帯住んでいた。
            半地下という住宅構造が存在する以上、少しでも増水すると、半地下の住人は洪水の被害を被るしかないのである。

             韓国では官公庁が、いつもの事ながら、今回の被害は天災であったと発表した。しかし、度重なる災害に、多くの国民は天災の中に人災が潜んでいることに気づき始めている。
            | 社会 | 21:57 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
            18. 一歳の誕生日
            0
               今日(7/13)、NHKの早朝ニュースにおいて、九州島原地方に伝わる、子供の一歳の誕生日にまつわる行事の紹介があった。
               誕生日のお祝いには、餅を作って祝儀をくれた人に配ったり、また、大きな餅を作って誕生日を迎えた子供に踏ませ、無病息災を祈願する行事であった。
               その中で私の注目をひいたのが、紙幣、筆、物差し等を横一列に並べて、少し離れた所から子供を放し、最初に子供が掴んだ物が何であるかによって、将来の人物像を占うイベントである。紙幣を掴めば金持ちになり、筆を取れば学者になり、物差しを選べば技術者になると占うのである。
               韓国では、親戚や知人を招いて子供の一歳の誕生日を盛大に祝うが、島原地方と同じやり方で子供の将来を占うのが恒例の行事となっている。
               紙幣(金持ち)、糸(長寿)、米(一生食うに困らない)、鉛筆(学者)等を並べて、子供に選択させるのである。
               九州地方は、朝鮮半島に地理的に近いために太古より渡来人の往来が多くあったはずであり、その子孫達がこの伝統行事を受け継いで来たのかもしれない。
              | 文化 | 23:36 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
              17. 北朝鮮のミサイル発射に対する、韓国のもう一つの心配事
              0
                 6/19に、北朝鮮のテポドン・ミサイルの発射可能性に関する韓国のニュース報道を見た。
                 ニュースでは、日本と同様に、北朝鮮がミサイルの発射準備に入ったという事実に対する心配と共に、ミサイル発射情報に伴う、日本に対するもう一つの懸念を紹介していた。

                 北朝鮮は、ミサイル発射を外交交渉で有利に運ぶための方策として利用するが、日本はそれを更に利用して、外交を有利に持って行こうということである。
                 すなわち、北朝鮮のミサイル発射情報が流れる度に、日本はそれを利用して軍備増強に励んで来たというのである。以前にミサイル情報が流れるや否や、イージス艦を2隻増強したとかの事実を紹介していた。

                 平和国家・日本では、まさか自衛隊が軍としての戦闘能力があると思っている日本国民は多くないと思われるが、韓国では、自衛隊のちょっとした動きに敏感である。
                 韓国では、自衛隊を所謂、国防専門の部隊とは思っておらず、強力な軍隊として認識している。
                 だから、ニュースに報道されたように、日本の軍備増強に関する情報が、韓国にとってのもう一つの大きな憂いとなるのである。
                | 政治 | 17:50 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
                16. ニュースキャスターの意味のないコメント
                0
                   韓国における夜9時台のテレビ番組は、ニュース番組がメインとなる。私はその中でMBC(「文化放送」)のニュースを好んで見るが、番組の最後には、必ずニュースキャスターが「一言コメント」をする場面がある。このコメントはキャスター自身の考えなのか、あるいは番組プロデューサーの考えなのか、はたまた政府の意向を反映したものか分からないが(民放といっても政府の資本が入っている)、今夜のコメントは噴飯ものであった。
                   4年前の日韓ワールドカップの時に韓国の代表チームを率いたヒディンク監督が、今回は豪州の監督としてワールドカップの本戦で日本と初戦を戦うことになった。その監督が、韓国のマスコミに対して、「韓国のために日本には必ず勝つつもりだ」という談話を、そのままキャスターが「一言コメント」として伝えたのである。
                   日本と韓国と豪州がリーグ戦において同じ組であるならば、豪州が日本に勝つことが韓国のためになるかも知れないが、実際は日本と韓国は異なる組であり、豪州が日本に勝つことが韓国のためになることは何もない。それでも韓国のために勝つという談話は、日本の負ける姿を見て喜ぶ韓国国民のためのリップサービスであったとしか考えられない。
                   ヒディンク監督が本当にこのような談話をしたのなら、人を馬鹿にした話であり、また、韓国のマスコミが監督の談話をアレンジしたのであるならば、これもまた、日本を小馬鹿にした常識ある国家のマスコミのコメントとは思えない。
                   ここで問題なのは、国民感情の形成において多大なる影響力のあるマスコミが(特にテレビ放送局)、故意に反日感情を煽り、国民を洗脳しているという事実である。反日感情を増長させて得するのは政府関係者であろう。「反日活動=愛国活動」という方向に国民を導いていけば、内政での失政に対する批判の矛先を日本に振り向けることが出来るからである。
                   いずれにせよ、両国の国民はこのようなマスコミの作戦に巻き込まれずに、冷静な考えを持って相互の親睦を図らなければならないと思う。
                  | マスコミ | 22:23 | - | - | - | - |
                  15. 日本の遊園地に思う
                  0
                     今日は、子供達を連れて、有名な遊園地に行ってきた。15年振りの来場で、妻子は初めてであった。アトラクションに乗るための待ち時間が平日にもかかわらず、最低でも30分位あり、子供達は待つのに疲れてしまい、更には子供達の想像を超えた来場者数の影響で、人に酔ってしまったようであった。次女が、頭が痛いと帰りの車の中で訴えるほどであった。
                     このような人手を私は前もって予想し、それを理解して行ったのであるが、妻子達はいくら私が説明しても上の空で聞き流していたために、とても驚いたようであった。
                     そして、子供達の学校の同級生が必ず一回は訪問する場所であるため、行かないと、これまた友達の話題について行けず、仲間外れにされるのではないかという親バカの精神から発した行動であった。高い入場料を支払い、ろくにアトラクションにも乗れないのを覚悟での来場であった。

                     ここで、訪問した遊園地に関して感じたことを述べてみたい。

                     第一に、入場券の種類が一日券(すべてのアトラクションに乗れる物)しかなく、大勢の人手で待ち時間が多く、乗れる回数が限られた今回の訪問では、とても損をした思いになった。
                     私たちが行ったことのある韓国の有名な遊園地では、一日券は勿論存在するが、入場券(アトラクションに乗れない単なる入場券)、回数券(アトラクション用の回数券)、5回分の回数券が付与された入場券等、入場者各自のニーズに合わせたチケットが発売されている。
                     この点、今日行った遊園地は、入場券をいくら高くしてもそれに関知せず来場するという馬鹿な人間が押し寄せることを逆手に取った、傲慢な思想に基づくチケット体系である。勿論、その馬鹿者の一人が私であることは明白な事実であるが。

                     第二に、遊園地内には、私が見た限り、星条旗のみが掲げられており、日の丸が見られなかった。民間施設であるため、米国大使館や米軍所有の土地でないと思うが、せめて、星条旗とともに日の丸を掲げて欲しかったと思った。たとえ、遊園地の資本が米国であったとしても、日本国内であるため、日の丸が無くて淋しいと思ったのは私だけであろうか。

                     第三に、お弁当持参での入場を制限することの不条理である。ポップコーン一つを買うのにも20分も待たされ、食堂では僅かな椅子とテーブルしか用意されておらず、これまた食事を買うのにも10分は待たされるという、現状におけるインフラの不整備を考慮した場合、弁当持参不可の方針は、これまた人を食った商売方針であると言える。

                     以上、この遊園地に対する批判をした訳であるが、会場内の雰囲気、そしてアトラクションの面白さは、韓国の遊園地を上回る内容であったことは確かであった。そうでなかったら、高い入場料を払ってあんなにも大勢の人が来るはずがないからである。特に、会場から外の景色が一切見えないように細工したことに関しては感服したものである。韓国の遊園地では、必ず外の景色が見えるので、現実の世界に引き戻されることは必至であるからである。
                    | 文化 | 23:32 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                    14. 混血児として避けて通れない課題=いじめ(3)
                    0

                       閑話休題。片親が韓国人だからと言っていじめるのは、民族的な差別問題として絶対に許されるべき問題ではない。もし、そういう「いじめ」があったのなら、即座に解決を試みるべきである。弱気でいると、却って馬鹿にされ、いつまで経っても、「韓国に帰れ!」と言われ続けられるからである。

                       韓国人という理由だけで差別を受けて来た、在日韓国人の先人達の苦労が忍ばれる出来事であった。
                      | 社会 | 01:03 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |