CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
 私は韓国の女性と結婚して韓国に渡り、12年間の韓国生活を経て帰ってきました。現在は、韓国法人である印刷・出版会社の日本支社に勤務しております。
 異国人の妻との共同生活を通して、そして実際に韓国で滞在してときに経験したことを根拠として、日常生活の中で感じるをアップしていきたいと思います。
【(株)成誌イーディーピー SEISHI EDP CO,. LTD】
<< 27.国家に民主主義の「年差」とは? | main | 「私の期限は49日」 >>
再びの「冬ソナ」
0
     
    実は「再び」ではなく、私にとっては初めての「冬ソナ」体験でした。

    韓国で「冬ソナ」が放送された時は、裏番組で「太祖王建」という200話の高麗時代の時代劇を放送しており、最初から冬ソナは見るつもりがありませんでした。

    それで、今日、スカパーの「KNTV」でノーカット版を再放送しているので、第1〜4話を見ました。

    改めて、ユン・ソクホ監督の幻想的な映像の良さを再認識しました。
    個人的には「秋の童話」「夏の香り」が好きなんだけど、やはり、ユン・ソクホ監督の作品は視聴者を裏切らないと感じました。

    ヨン様、ジウ姫ファンには申し訳ないけど、パク・ヨンハ、パク・ソルミの方が好きです。

    パク・ソルミは、気が強くて、性格が悪そうな顔をしていますが、こういう毒気のある女性には、惹かれてしまいます。(笑)
    改めて彼女の顔を見たら、韓国で活躍する日本人タレント、「ユミン」に似てました。

    ユン・ソクホ監督作品には、演技力を認められている名俳優が脇役としてサポートしていますね。彼の作品には同じ脇役が大勢出てきます。

    このドラマが撮影されたのが、かれこれ10年近く経ちましたが、ヨン様、ジウ姫の若い姿を見ながら、私の韓国での新婚夫婦時代を思い出させてくれました。
    個人的には懐かしかい思い出が蘇るので、昔のドラマを見るのも、一興だと思いました。

    いつまでも、新婚時代の懐かしい思い出を、大切にして行きたいですね。(^▽^)
    | - | 14:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。