CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
 私は韓国の女性と結婚して韓国に渡り、12年間の韓国生活を経て帰ってきました。現在は、韓国法人である印刷・出版会社の日本支社に勤務しております。
 異国人の妻との共同生活を通して、そして実際に韓国で滞在してときに経験したことを根拠として、日常生活の中で感じるをアップしていきたいと思います。
【(株)成誌イーディーピー SEISHI EDP CO,. LTD】
<< 25.日・韓未婚女性の結婚しない理由 | main | 27.国家に民主主義の「年差」とは? >>
26.音楽チャートで善戦するK-POP
0
     土曜日の深夜0時55分にTBSで放映する「CDTV」(カウントダウンTV)を偶然に見た。
    http://www.tbs.co.jp/cdtv/

    最初は50位からのカウントダウンが始まった、日本に帰国して以来、J-POPは聞いて来なかったので、最近の曲調やサウンドの動向を把握しようとしてチャンネルを固定したのであった。
     若者向けのシャキシャキという金属音のようなサウンドが耳についた。韓国の歌謡曲もこれほどの金属音を鳴らす曲は限られいるように思う。
     また、意外と演歌もランクインしているものが多く、日本では年配層のCD購入が依然として力を持っていることを思い知った。韓国では、TVで演歌歌手が出て来て歌うことは多々あるが、CDの販売は冴えない。従ってチャートは10〜30代層の動向に左右されやすく、演歌が上位にランクインされることはまれである。

     50位〜11位までと51位〜100位のチャートが紹介され、若者向けの歌謡曲と演歌が紹介される傾向は変わらないので、10位より上も同じような傾向であると高をくくっていた。

     ところが、びっくり仰天なのが、
    4位にリュ・シウォンの曲「君と僕」が入っているではないか!
     日本でこれ程までにK-POPに人気があるのに驚いたというよりも、韓流に今でもはまっているおばちゃん達の熱狂に圧倒されてしまったのである。どれほど韓流スターが好きなのか、お金に余裕のある女性陣のCD購買意欲に感心してしまった。

     しかし、サプライズはここに止まらず、
    2位「いつか」 イ・ビョンホン
    1位「呪文-MIROTIC-」 東方神起
     なんと、トップを獲得していたのであった。

     K-POPと日本のおばちゃんパワー、恐るべし。

    | 文化 | 22:42 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    支社長です。
    今となって返事を書いて、申し訳ありません。
    ご指摘の通り、「J-POP」ですね。「K-POP」ではなく「韓国のタレント」とするべきでした。
    「酷い複数商法」とは、実績の数を上乗せしているということでしょうが、素人の私には、具体的な内容を想像できませんね。
    | 支社長 | 2008/12/26 1:27 PM |
    日本のレコード会社から出しているのでK-POPではなくJ-POPですよ
    それにかなり酷い複数商法使ってるらしいです
    それを証拠に今週のチャートは1位から20位以下に急落してました
    | Y | 2008/10/27 10:16 PM |









    トラックバック機能は終了しました。