CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
 私は韓国の女性と結婚して韓国に渡り、12年間の韓国生活を経て帰ってきました。現在は、韓国法人である印刷・出版会社の日本支社に勤務しております。
 異国人の妻との共同生活を通して、そして実際に韓国で滞在してときに経験したことを根拠として、日常生活の中で感じるをアップしていきたいと思います。
【(株)成誌イーディーピー SEISHI EDP CO,. LTD】
<< 23.疑問な第二回南北頂上(首脳)会談の開催時期と場所 | main | 25.日・韓未婚女性の結婚しない理由 >>
24.高麗神社と聖天院
0
     韓国人の友人と共に、「高麗神社(こまじんじゃ)」と「聖天院(せいでんいん)」を訪問してきた。埼玉県日高市に位置する神社と寺院である。


     フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると

     高麗神社 (こまじんじゃ)は埼玉県日高市新堀字大宮に鎮座する神社。

    埼玉県日高市、飯能市一帯は716年武蔵国高麗郡が設置された地である。668年唐に滅ぼされた高句麗からの亡命者を安置したもので、705年には高句麗王族とされる高麗若光に朝廷から王(こきし)姓が贈られている。高麗神社はこの高麗郡大領・高麗若光を祭る。敷地内には江戸時代に建てられた高麗家住宅がある。 なお、この神社では浜口雄幸、若槻禮次郎、斎藤実、小磯国昭、幣原喜重郎、鳩山一郎らが参拝後に総理大臣となったことから「出世明神」と崇められるようになった。

    現在では大韓民国の駐日大使や祖先に朝鮮人を持つ各界著名人が参拝しており、掲示された芳名録には芸能人の名も多い。

    入口には将軍標(しょうぐんひょう・ジャングンピョ)があり、これを模したものが西武池袋線の高麗駅の広場に建てられている。




     また、「聖天院」の拝観券の裏面にある説明によると、

    聖天院は奈良時代に高句麗より渡来した高麗王若光の菩提寺として、侍念僧勝楽上人により天平勝宝3年(751年)に創建されました。若光の守護仏聖天尊を本尊として爾来600年間法相宗の道場でありましたが、貞和年間(1345年)中興秀海上人の代に真言宗に改宗されました。天正年間(1584念)圓真上人により不動尊(胎内仏弘法大師御作)を本尊とし聖天尊を別壇に配祀し、現在に至っています。江戸時代には高麗郡の本寺として、門末54箇寺を擁するほどの隆盛を誇り「院主の格式は諸侯に準じる」とも記録されています。


     高麗神社の参道には著名人が植樹した杉があり、「三笠宮殿下」、李朝最後の皇太子の「英親王 李恨殿下」と日本人の殿下妃である「李方子様」といった皇族に属する方の物や、歴代の駐日韓国大使の物があった。
     また、「出世明神」という別称があるように、日本の政治家、法曹関係者、日韓の著名人が、寄贈者の名前として羅列されていた。
     大きな規模を持つ神社ではなく、多くの参拝者がいた訳ではないが、皇族を始めとする著名人が参拝する事実から見て、日本に大きな影響を与えている神社であると感じた。

     一方、「聖天院」も高句麗から渡来した王族の菩提寺として創建されたのであるが、驚くことに寺の紋章として「菊の御紋」を使用していた。「菊の御紋」の使用が許されていると言うことは、皇室との深い関係があることを意味していると思われる。現実として今上天皇が、桓武天皇の母が百済の王族の出身である事実を挙げられ、皇室の先祖が朝鮮半島との繋がりがあることに言及なされたことは耳に新しい。

    | 文化 | 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。