CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
 私は韓国の女性と結婚して韓国に渡り、12年間の韓国生活を経て帰ってきました。現在は、韓国法人である印刷・出版会社の日本支社に勤務しております。
 異国人の妻との共同生活を通して、そして実際に韓国で滞在してときに経験したことを根拠として、日常生活の中で感じるをアップしていきたいと思います。
【(株)成誌イーディーピー SEISHI EDP CO,. LTD】
<< 18. 一歳の誕生日 | main | 20.ドラマに登場した韓国人が抱く、間違った日本人観 >>
19. 集中豪雨による大被害
0
     ここ数日間の集中豪雨による被害が、韓国の大ニュースとなっている。
     江原道(東北部)地方の被害が特にひどく、今日現在の犠牲者は、死亡者が15名、失踪者が23名となっている。毎年繰り返される集中豪雨による被害であるが、今年も土砂崩れで生き埋めになって犠牲になる人たちが続出した。また、道路が鉄砲水で流されて、道路が断たれ、孤立している集落も17カ所に至るという。

     ニュースの中で、毎年繰り返される集中豪雨の被害が、単なる天災ではなく、人災でないかと告発していたのは興味深かった。
     交通量の多い高速道路が土砂崩れで不通になったのは、山の斜面を切り出した部分の補強が設計からして疎かになっていたという主張である。
     また、ソウルでは、地下鉄工事において川底の下を掘る工事のため堤防を削ったが、工事が終わったとして堤防を再構築したものの、今回の大雨でその削った部分から堤防が決壊したという。手抜き工事のせいであると見られている。

     数年前、私が飛行機の窓から日本と韓国の山間部の様子を比較して観察してみたところ、韓国では山の稜線まで開発が進んで、山が丸裸になっている所が多かったのを覚えている。土砂崩れが多く発生するのは、森林の保水力が弱化していることに起因していると思われる。単なる天災とは思えない所以である。

     そして、ソウルでは「半地下」の世帯が水浸しになったという報道もあった。私も実は、ソウルでは半地下の部屋に住んだことがあった。窓もない完全な地下ではなく、辛うじて窓だけが地表に顔を出す、所謂「半地下」の部屋である。ソウルでは、外から見たら一軒家に見えるもの、実は中では多世帯が住む住宅になっている物が多い。私の住んでいた所は、半地下に2世帯住んでいた。
    半地下という住宅構造が存在する以上、少しでも増水すると、半地下の住人は洪水の被害を被るしかないのである。

     韓国では官公庁が、いつもの事ながら、今回の被害は天災であったと発表した。しかし、度重なる災害に、多くの国民は天災の中に人災が潜んでいることに気づき始めている。
    | 社会 | 21:57 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
     コメントありがとうございます。

     最近は、韓国系の強盗団とかが日本で活躍していて、韓国人に対する怖いイメージがありますが、善良で純粋な韓国人が圧倒的に多いので、気軽に声を掛けてみてください。

     韓国のことを根掘り葉掘り聞いてあげると、時間が経つのも忘れて一所懸命説明してくれるでしょう。多分に韓国や自分自身の自慢話が殆どになるかもしれませんが。←これは自己アピールをしないと周囲から認知してくれないという、韓国の文化的背景からくるものですから、ある程度日本人が理解して、我慢して聞いてあげるしかありません。逆に言えば、日本人も自分のことをアピールしないと、取るに足らない人間だと相手の韓国人に思われる可能性がありますが。

     お互い自慢し合いながら、自分の心の内を見せ合うので、すぐに親しくなるでしょう。
    | 支社長 | 2006/07/28 5:50 PM |
     私が住んでる町は、駅からおりて立射で三八式歩兵銃をぶっ放すと
    その弾丸は三百メートル先の民家を突き抜け、
    二百メートル先の農耕牛の尻をかすめて
    さらに五百メートル離れたお地蔵様に当たって肥溜めに落ちます。(多少の誇張あり )

     そんな九州の田舎なのですが、支社長のコメントを読んでいて
    ある記憶がよみがえってきました。

     半年ほど前、自宅から2.5km離れたスーパーに買い物に行った際
    玄関で2人の若くきれいでスタイルの良い女性
    (お世辞でなくほんとにそうだったんです)が立ち話をしてました。
     彼女らの話す言葉が韓国語だったんです。

     留学生なのか、旅行者なのか、今となってはわかりません。
    今もいるのかもわかりません。
    しかし、其処にいたのは事実ですから、今後もあり得る話です。
     たしかに私が知らないだけで実際には私のまわりにも
    結構住んでいるのかもしれませんね。
     もし、再びそのような機会に巡り会えたえら
    今度は勇気を振り絞って、声をかけてみたい気もします。

     でも議論になって腕力勝負になると困るので
    声をかけるのは、若くきれいでスタイルの良い女性に限定します。
     あ。でもナンパと思われても困るな。
    いやそれ以前に、この風体では。
    おしゃれしなければ、お腹もひっこめなければ。

    うーん。どうしょう。
    | ずべらぼん | 2006/07/28 4:03 PM |
     暖かい励ましのお言葉を頂戴し、感謝申し上げます。

     「すべらぼん」さんがどちらにお住まいか存じ上げませんが、周囲には意外と多くの韓国人が住んでいるかも知れません。
     現在、私は千葉の船橋市に住んでおりますが、「ニューカマー」(所謂、『在日』ではなく、結婚とか仕事の関係で滞在している韓国人)が多く住んでいるように見受けられます。船橋市が外国人ケアーのために開催する日本語講座に家内が通っていますが、そこで知り合った韓国人が私の自宅の周囲に4〜5人は住んでいた事実から判断して、思ったより多くの韓国人が滞在していると思えます。
     いずれ、韓国人と議論なりして、お友達になってくださることをお願い申し上げます。

     私は韓国で外国人として生活した経験から、外国で滞在を始めてからの最初の数年間は、心身共に苦労することが分かっております。例えば、韓国の水は硬水なので、最初の半年は、生水を飲むとよく下痢をしたものでした。また、ご存じのように、食べ物がしょっぱくて辛いために、舌はその味にすぐに慣れたとしても胃腸が適応できていないため、胃腸が痛むことが多々ありました。

     このように、外国での生活は最初は苦痛を伴うものであり、淋しい思いをしている時に、日本人が暖かい友情の手を差し伸べてくれたら、どれほど韓国人が感謝するか分かりません。

     日本人の美点や長所を外国人に伝えるためにも、我々日本人が積極的に彼らと交流する必要があると思えます。
    | 支社長 | 2006/07/28 2:31 PM |
     奥様のご悲嘆いかばかりかとご心中拝察申し上げます。
    謹んでご義母様のご冥福をお祈り申し上げます。

     いつもはすぐにお返事をいただけるのに、なにごとかあったのか、
    お仕事が忙しいのか
    私の文章にいけない部分があったのか
    まさか支社長のお体に不調があったのかと、勝手な想像をしてしまいました。
     私も先年に義父を亡くしたばかりでしたので、人ごととは思えません。 
     私が言うことではありませんが、どうぞ奥様がお力を落とされませんように
    お心配り願いたく存じます。

     「伝貰」について。
    ありがとうございます。よくわかりました。
    日本では考えられない利率ですね。

     韓国人の性格分析については、私の韓国人への認識不足が大きいようです。
    「精神的に幼い」は撤回したいと思います。
     「嫌韓流」の本とは「まんが嫌韓流」のことですか。
    この本はまだ読んでませんが、内容はネットで書かれていることの
    おさらいみたいなもんではないでしょうか。

    『実際に韓国人に接しないで、本に書かれた事実のみを根拠として、韓国人を一方的に判断すると、大きな過ちを犯すことになります』
     誠にその通りだと思います。
    私の「精神的に幼い論」はその典型ですね。

    『相手の意見を聞かないで逃げるのは、韓国人にとっては無視されたと思い、逆上するからです。』
     この言葉は「目からうろこ」です。
    実は以前、私がもし韓国人と議論になったらどうするかと
    脳内シミュレーションしたことがあり
    その結果「最終的には無視する」と結論しました。
     しかし、今はっきりとそれが間違いであると悟りました。
    いままで聞いたなかで最も説得力のある、納得できる言葉です。

     もちろん私のまわりに韓国の方はいませんので、今は全くの杞憂ですが
    将来わかりませんものね。
     その時はこの言葉は生かされます。

    それだけでも、この日記の存在を知ったのは意義がありました。
    | ずべらぼん | 2006/07/28 1:35 PM |
     コメントありがとうございます。家内の母が急逝したため、先週末から今週始めにかけて、韓国に行って参りました。返答が遅れましたが、ご了承願います。

     「伝貰」のことですが、現在の韓国における定期預金の利子は年利で5%前後になっています。以前は10%くらいに上がったこともあり、銀行に預けるだけで月々の家賃分の利子を得ていたことは確かです。例えば、伝貰金が800万とした場合、以前なら80万/年くらいの利子を得ることができる仕組みでした。多世帯住宅であるため、4世帯くらいは入っているのが普通であり、年で320万くらいは収入を得ていました。

     韓国人のアクの強さの話ですが、韓国では議論をした場合、声が大きい人が勝つ仕組みになっています。声の大きい人というのは、自己主張を強くした人が勝ちという仕組みです。日本人のように、自分が黙っていても相手が意を汲んで配慮をしてくれるという美徳は通じません。はっきりと意見を言わないのは、何も考えていなくて、何も意見がないと見なされるからです。だから、声の大きい人に対しては、更に輪をかけて自己主張しない限り、負けと見なされます。ですから、韓国人は相手に勝つために、一所懸命になって自分の意見を通そうとするのです。
     勿論、感情が先走り、議論しながら理性を失うことが多々ありますが、反面、これは韓国人は情が深いという証明にもなります。

     また、言葉にしなくても相手に自分の意志が伝わるという、日本人の「以心伝心」という思想が、日本人独自の物であることが、外国生活をするとはっきりと分かります。この日本人の美徳は永遠に保っていくべき美徳でありますが、これを外国人に理解させるには骨が折れると思います。
     ただ、面白いことには、日本人は親兄弟、夫婦の親しい間柄でも、何か物をもらったり、親切にしてもらうと必ず「ありがとう」と言葉を発しますが、韓国では特に親しい間柄では、謝意を言わないことが多いです。何故なら、一々言葉にしなくても、心の中では感謝の気持ちを持っていればOKとされるからです。

     韓国人は物事の白黒をつけたがり、日本人は物事を曖昧にしようとする傾向があります。これは、韓国が外国から侵略され続けてきたという歴史的背景とは無関係ではないと思われます。自己の保身のために、相手が敵か味方かを瞬時に判断する必要があり、白黒をすぐにつけたがる国民性が備わったのではないかと思います。

     最近の「嫌韓流」の本が多く売れ、日本人の中では韓国人の矛盾を指摘する声が大きくなるのは事実です。この本は日本の朝鮮半島における植民地政策において、何一つ悪いことをしたことが無いという土台で書かれた物ですが、実際に私の知人の中で、祖父が日本兵に惨殺されたという人を知っており、植民地政策が全て善であったとか、全て悪であったとか即断することが出来ないのが実情です。
     そういう状況にあって、実際に韓国人に接しないで、本に書かれた事実のみを根拠として、韓国人を一方的に判断すると、大きな過ちを犯すことになります。

     日本でも同様ですが、韓国人の中には、善人もいれば悪人もいます。善なる韓国人とお付き合いなされることをお勧めします。私も家内が善良な韓国人でなければ、結婚もしなかったでしょうし。

     韓国の反日思想は、政府やマスコミに煽動されて、国民が洗脳されている部分が多々あります。そういった意味では反日運動が無条件に愛国運動であると、国民はうまく政府に操られてしまっている節があります。

     最後に、韓国人と議論するときには、日本人の方では、しつこい韓国人にからまれたとして逃げないで、喧嘩をしてもいいですから、とことん議論することをお勧めします。
     相手の意見を聞かないで逃げるのは、韓国人にとっては無視されたと思い、逆上するからです。
     日本人なら、喧嘩をさけるため、黙り込んだりする人が多いと思いますが、これが逆効果になります。韓国人にとっては、相手が何を考えているのか分からない事ほど、じれったくてイライラするものなのです。
     もし、喧嘩沙汰になっても(勿論、口喧嘩までの段階です)、お互いの意見をぶつけ合うことによって、韓国人は相手の考えていることが把握でき、安心します。喧嘩した後の方が、むしろ仲良くなることが多いのが韓国人です。
     日本人同士のように喧嘩を避けないで、こちらの言い分をはっきり主張してあげることが、韓国人との良い関係を築く第一歩となります。
     日本人と同じような顔をしているものの、韓国人はれっきとした外国人であって、日本とは違う文化を持つ国民であるという事実を念頭に置きながら、真なる国際交流をしていただきたいと願って止みません。
    | 支社長 | 2006/07/26 3:44 PM |
     こんにちは。
    詳しい解説ありがとうございます。

     “消浪爾陵由が大家の「金への欲求」にあるとは正直、びっくりです。
    建物の形式はその土地の風土、気候、習慣等に合わせて
    発達していくものとの思いこみから、
    真っ先にキムチの貯蔵庫との発想をしました。
    入居数のアップと言うことは、半地下の形式はアパート経営のシステムができてきた戦前からの、
    比較的最近のことですね。

     「伝貰」についてもう少し教えていただけませんか。
    「伝貰金」が全額戻ってくるお金なら、金利が高かった時期は
    家主の収入は銀行に預ける利子だけ、との解釈で良いですか?

     奥方様の従姉妹様のご不幸、心よりお悔やみ申し上げます。
     デパートの崩壊事故は、当時ニュースでリアルタイムに見ていたことを思い出します。
    崩壊原因が柱の間引きはもとより、図面にない上階の増築、
    予定以上の空調室外機の増設での積載荷重の増加によるもの
    との報道にその安全性無視にただあきれるばかりでした。
     私の経験上、日本ではたとえ施主からの要望であろうと、
    明らかに危険であると思える工事はしません。
    設計士、施工者ともに万が一の際に、責任が自分にかかるのを恐れるのもありますが、
    それよりもなによりも「法を守る、守らなければならない」との意識と
    「人が死ぬことの重大性」がわかってるからだと思っています。
     
     私は日本人で、日本で育って、日本人の友達しかいません。
    そのため私は日本人の価値観でしか、他国を見ることができませんが、
    それでも韓国人の国民性には、少し首を傾げることが多いと感じています。

     韓国は文化的、経済的にも、もはやりっぱな先進国の一員だと思います。
    (ここからは奥様には内緒にしてください)
    しかし韓国人の言動には精神的にまだ幼さないと感じるのです。
     たとえば、人の話を聞かない。自分の意見だけを通す。
    日本の世界的に認められた文化を、韓国が起源と言い出す。
    その場限りのすぐばれる嘘をつく。
    なにがあっても自分は大丈夫との根拠無き自信。
     子供の特有の行動と変わらないと思っています。
    もちろん日本人の価値観でしかみられない、私個人の感想です。

     韓国政府も反日教育に精を出すのではなく
    もっと国民の道徳教育に力を入れれば、さらに素晴らしい国になると思うのですが・・・

     最後に、私もネットで朝鮮日報日本語版の存在を最近知り、ときどきのぞいています。
    日本では考えられない事件もあり、興味深く拝見しています。

     もひとつ最後に、韓国旅行の折り、疑問に思ったことがいくつかあります。
    またの機会に質問させていただきたく、返事をいただければ幸いです。
     長文、駄文失礼いたしました。
    | ずべらぼん | 2006/07/20 1:30 PM |
    コメントありがとうございます。

      嵌消浪次弭渋い僚斬陲出来た理由は、単なる大家の欲望から起因します。少しでも多くの世帯が入居してくれたら、それだけ家賃収入を多く得られるという簡単な理由です。
     また、お金のない人が仕方なく入居するという性格も濃厚です。1階以上の家賃の2/3程度の水準になりますので。

     韓国では、日本のように月極の家賃を払うよりも、「伝貰(チョンセ)」という家賃支払制度が多いです。これは、入居時にまとまったお金(「伝貰金」)を大家に預けることによって、家賃を月々支払う必要を無くし、退去時には預けたお金の全額を返済してもらう仕組みです。契約は2年契約が多いです。
     金利が高い韓国にあっては、「伝貰金」を預かった大家が2年間で投資するなり、銀行に預けて利子を獲得するなりの殖産が可能であるところから可能な制度です。最近は、金利が以前ほど高くないため、「伝貰金」を低く抑えながら、月々の家賃も並行して支払う契約が多くなりました。¶

     私も韓国での家庭出発当時は、「半地下」で生活していましたが、湿気が多くて「かび」が繁殖し、子供が蓄膿症になったことがありました。夏はかびの影響で悲惨ですが(地上階と比較したら涼しいですが)、冬は部屋の半分以上が土に覆われているため、暖房費が多くかからなかったのを覚えています。

     韓国では、まず、漏電による火事が多いです。そして、建築物の不法改造による事故も多いです。空間を少しでも多く確保するために、消防法を無視して非常口を塞いだため、火事で逃げ迷った店の客が犠牲者になるという事件が起きます。
     そして、面白い所では、マンションのベランダを部屋の一室として使用出来るように、完全に屋内として改装することです。本来ベランダは避難通路として使われ得るべきなのに、完全に両サイドを塞いだために、避難通路の役割を果たせなくなっています。

     これは、自分の周りが違法に改造しているから、自分も違法改造しなくては損をするという考えが蔓延しているところに問題があります。
     更に、取り締まる消防当局が買収されたり、形式的な検査に始終するため、危険性を増長していることもあります。

     10年前に、ソウルの「漢江」に架かる橋が崩壊したり、デパートが崩壊する事件がありました。
     橋の崩壊は、手抜き工事が原因です。土木会社が仕事を下請業者に出すにあたって、下請けに対して厳しい価格での受注を強要するため、下請け業者は自然と工事に回す費用を削ってしまい、その結果として手抜き工事が発生するわけです。
     また、デパートの崩壊は、経営者が売り場の面積を無理矢理に拡張するために、安全面を無視して鉄筋の柱を間引きさせたので、その結果として起きた事故でした。
     私の家内の従姉妹がこのデパートで店員として働いていましたが、不幸にもデパート崩壊事故の犠牲者となってしまいました。

     このように、国民の安全に対する不感症が事故を起こす大きな原因となっています。人災が多い所以です。
     また、韓国の国民性として、他人が災害等で不幸な目にあっても自分は大丈夫だという、妙な過剰なる自信があるため、災害に対する備えが疎かになることも問題です。

     現在、中進国から先進国への道を歩もうとする韓国は、ニュースで安全不感症に対する告発を多くするようになり、国民に対する啓蒙に力点を置いています。(韓国では告発物の報道が多いので、ニュースは結構面白いです。)
    | 支社長 | 2006/07/19 4:40 PM |
     こんにちは。
    いつも楽しく拝見させて頂いてます。

     手抜きでの人災とは被害者は泣くに泣けないですね。
    やはり韓国の土木建築業界の意識革命が必要だと思います。
    実際、海外でも韓国業者による手抜き工事で被害が出ているとの
    話を聞いたことがあります。
    韓国政府も本腰を入れて対策を講じないと、
    国際的にも信用を失うだけですよね。

     一般住宅に半地下が多いとは知りませんでした。
    素人考えですが、これはキムチと関係あるのですか?
    住居環境を考えると地下は居室としては不衛生です。
    地面を掘る労力、防水工事、湿度、材料の腐敗。
    あっ。日本と同じ環境で考えてはいけませんね。
    寒さ対策もあるのでしょうね。

     建物関係でひとつ疑問があります。
    韓国旅行で一度ソウルに行きました。4年ほど前です。
    妻とデパートに買い物に行ってまずびっくりしたのが
    店内に品物があふれかえり、通路が狭く迷路になってること。
    建物自体も増改築を繰り返したらしく
    天井が異様に低い場所、床に段差が出来てるなど
    日本では考えられない構造でした。
    これでは万が一の時には「大災害になるぞ」が素直な感想です。
     日本では建築基準法や消防法で不特定多数の人が集まる場所については
    キビシイ基準や検査があります。

    韓国には建築基準法や消防法が無いのでしょうか?
    せめて南大門の地下店舗は、早急に改善しないと
    なにかあってでは遅いと、遠い日本で心配しています。
    | ずべらぼん | 2006/07/19 12:45 PM |









    トラックバック機能は終了しました。