CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
 私は韓国の女性と結婚して韓国に渡り、12年間の韓国生活を経て帰ってきました。現在は、韓国法人である印刷・出版会社の日本支社に勤務しております。
 異国人の妻との共同生活を通して、そして実際に韓国で滞在してときに経験したことを根拠として、日常生活の中で感じるをアップしていきたいと思います。
【(株)成誌イーディーピー SEISHI EDP CO,. LTD】
<< 13. 夫婦喧嘩の元凶 日韓戦 | main | 14. 混血児として避けて通れない課題=いじめ(2) >>
14.  混血児として避けて通れない課題:いじめ(1)
0
     小学四年生の長女と小学一年生の次女が、混血児ゆえに「いじめ」に遭っていた事実が発覚した。母親が韓国人であり、かつ日本語が殆どできないため、その事実を知っている児童から、「韓国に帰れ!」という「いじめ」に遭っていた。
     この「いじめ」というものは、いじめられる側が断固として対処しないと、更にいじめられるのが常である。要するに、いじめれたら、いじめた相手に対して実力行使などの威圧的な態度で強く出ないと、いつまでも馬鹿にされて、いじめられ続けてしまう。

     韓国では、子供同士の喧嘩でも、自分の子供に対しては絶対に負けるなと親が教える。喧嘩に負けたらやり返して来いというくらい、子供に対しては逞しく育てる。喧嘩をふっかけられて、それに対して黙り込んで何も言い返せないような弱い根性では、情けないというのである。
    | 社会 | 23:16 | - | - | - | - |