CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
 私は韓国の女性と結婚して韓国に渡り、12年間の韓国生活を経て帰ってきました。現在は、韓国法人である印刷・出版会社の日本支社に勤務しております。
 異国人の妻との共同生活を通して、そして実際に韓国で滞在してときに経験したことを根拠として、日常生活の中で感じるをアップしていきたいと思います。
【(株)成誌イーディーピー SEISHI EDP CO,. LTD】
<< 9 スキンシップが苦手な日本人 | main | 11 「倭人」として馬鹿にされる日本人 >>
10 自分の情を抑制しようとする日本人(「単騎 千里を走る」)
0
     高倉健主演の日中合作映画「単騎 千里を走る」の試写会に行ってきた。(http://www.tanki-senri.com/)

     日中合作の映画に何故、韓国が関連してくるのか?
     映画の登場人物を通して、他国とは明らかに違う日本の国民性を浮き彫りにすることにより、韓国をはじめとする外国人の国民性を知ることが出来るからである。

     映画の設定は次のようである。高倉健に息子が一人いるが、妻が死んでから10年来、息子との交流もなく、田舎で一人で過ごしてきた。ある日突然、息子の嫁から連絡があり、息子のいる東京の病院に行ってみると、息子は末期癌に冒されているという。息子は父親との対面を拒み、息子の嫁からは代わりに、TVに紹介された息子のライフワークのビデオテープを渡される。その息子のライフワークとは、中国の雲南省に伝わる仮面劇の研究であった。高倉健は、余命幾ばくもない息子との絆を修復をするため、息子がビデオに収めることの出来なかった中国の仮面劇「単騎 千里を走る」をビデオ撮影するため、単独で中国へ乗り込む。
     その仮面劇を演じることのできる役者はいくらでもいるが、実は息子が撮りたいと思っている役者が存在し、その役者に仮面劇を演じてもらわなければ意味がないとして、高倉健は息子の指定する役者を探す。ところが、その役者は現在、刑務所で服務中であり、刑務所での撮影許可を得るのは難しかったものの、何とか刑務所に入り込み、その役者に仮面劇をさせるところまで、段取りを付けた。
     しかし、いざ劇を演じさせてみると、その役者は泣いてばかりで、一声も発することも出来ず、劇どころではなかった。故郷に残された息子に死ぬほど逢いたくて胸が詰まり、どうしても演じられないというのある。大勢の囚人の前に立っているにも拘わらず、鼻からは鼻水が垂れ落ち、顔も涙でしわくちゃである。

     普通の日本人であるならば、大勢の人の前で、恥も外聞もなく、このように自分の感情に素直になり、思い切り泣くじゃくることができるであろうか?
     実は、高倉健の息子も旅の途中で息を引き取るのであるが、他人には涙を見せまいとして、人知れず、一人で心の中で泣いていた。
     この自分の感情に素直になるというのは、韓国人でも同じである。日本人がむしろ異常なのかもしれない。

     韓国人は身内が死ぬと、周りに人が居ようが居まいが、大声を張り上げて泣きわめく。女性の中では、あまりの悲しみから失神してしまう人も出てくる。
     その一方、日本人の場合、人前では絶対に涙を見せず、必死にこらえるのが美徳とされる。

     韓国の男性と結婚し、韓国で暮らすある日本人婦人の子供が、火事で一気に4人死んでしまった事件があった。両親が早朝の新聞配達でちょっと家を空けた隙に起きた出来事であった。もちろん、報道沙汰になり、TVのニュースにその日本人女性のインタビューが流れていた。
     それを見ていた韓国人の私の家内は、「日本人女性は、なんてきつい性格なのだろうか」と呟いていた。子供を4人も失ったとしたら、精神状態は正常であるはずがなく、気絶してしまうか、大声で泣くじゃくるかの行動に出るべきなのに、その日本人婦人は、淡々として涙もみせずにインタビューに答えていたというのである。

     日本人である私から見た場合、当然その婦人の行動は立派であるが、一方、韓国人が見た場合、精神がちょっとおかしいと見なされてしまう。

     このように自分の感情をコントロールすることを良しとする日本人は、韓国人や中国人のようなストレートな感情の表現に戸惑うばかりである。
    | 国民性 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。