CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
 私は韓国の女性と結婚して韓国に渡り、12年間の韓国生活を経て帰ってきました。現在は、韓国法人である印刷・出版会社の日本支社に勤務しております。
 異国人の妻との共同生活を通して、そして実際に韓国で滞在してときに経験したことを根拠として、日常生活の中で感じるをアップしていきたいと思います。
【(株)成誌イーディーピー SEISHI EDP CO,. LTD】
25.日・韓未婚女性の結婚しない理由
0
     フジテレビのTV番組で
    ザ・ノンフィクション
    「日韓共同制作 日韓増える未婚女性」

    という番組を見た。

     30代未婚女性を取材しながら、日韓女性の未婚の理由を比較する内容であった。

     日本女性は、「開業医の皮膚科女医」と「証券会社の係長」の二人が登場した。

     開業医の女性は、婚約破棄をした過去があった。婚約者であった男性のマザコンが発覚し、先を思いやられた結果、結婚に踏み切れなかったという。しかし、本人は機会があれば結婚したい願望を持っており、両親も自分たちが先立った後の娘のことを心配していた。母親はある韓流男性スターの熱烈なファンであり、韓国のドラマは子供が親孝行するのが当たり前となっており、失われた日本の美徳を懐かしみながら韓国のドラマを見るという。

     証券会社の係長の女性は、何不自由もない生活を送ってきたという。両親と同居しており、会社を5時に退勤してからは、母親が開く店を手伝うという。仕事は面白く、同級生も独身も多いので、特に結婚する必要性を考えていないようであった。

     面白いのは、二人とも学生の頃は、お嫁さんになることが夢であったのが、現実はそうなっていないことである。

     一方、韓国女性は、「洋品店の社長」と「出版社の社長」の二人が登場した。

     「洋品店の社長」は、未だに男尊女卑の世界を生きる女性の身の上を憂い、男性に頼らなくても自立して行くために事業を興し、成功することを願っている。事業が大きく伸びることを願い、結婚願望はない。事業を大きくすることは自分の為であるが、両親に親孝行をする為であるともいう。娘が経済的に余裕を持ちながら、両親を経済的に助けて楽にしてあげたいという考えは、儒教の考え方が残っている韓国人らしい。

     「出版社の社長」は、女性の目から見た編集方針で本を刊行している。彼女は二人姉妹の長女であるが、自らを娘ではなく長男と思い、一家の大黒柱として働く姿は、これも両親を大切にする韓国人の子としての姿である。娘であろうが、男兄弟がいなければ、自らが長男としての役目を果たそうとする姿は、韓国では美徳である。

     取材した女性達を見ると、日本人女性は、機会があれば結婚したいという願望を持っているが、韓国女性はキャリアウーマンになることに憧れ、結婚がその邪魔になるのなら結婚しないという明確な考えを持っているのが分かる。

     また、結婚を不安に思う第一の理由として、日本女性は嫁ぎ先での人間関係を心配しているが、韓国女性は出産と子供の教育を挙げている。
     韓国では、妻が娘ばかりを生んで、息子を生めないと形見の狭い思いをする。時代が違っていれば、離縁の理由になっていたくらいである。息子が生めなかった時の精神的なストレスが大きいのである。そして、韓国では子供に対する教育熱は凄まじく、子供達を多くの塾に通わせるので、家計の大きな負担になっている。それで、出産と子供の教育に対する不安が、結婚を決意出来ない大きな理由となるのある。

     日・韓の未婚女性の親御さんが、娘が早く結婚してくれることを願っているのは等しい。しかし、娘達の未婚の理由が日・韓で異なるのは、興味深い事実である。

     番組の最後には、2050年における人口の高年齢率の世界1、2位を、日・韓間で争うであろうという統計予想が紹介されていた。
     両国の今後の将来を考えた場合、国力の低下を防止するためには、若年層の人口比率が高まる事が必要であり、従って未婚女性率の低下が必要なのは明らかであろう。
    | 社会 | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    19. 集中豪雨による大被害
    0
       ここ数日間の集中豪雨による被害が、韓国の大ニュースとなっている。
       江原道(東北部)地方の被害が特にひどく、今日現在の犠牲者は、死亡者が15名、失踪者が23名となっている。毎年繰り返される集中豪雨による被害であるが、今年も土砂崩れで生き埋めになって犠牲になる人たちが続出した。また、道路が鉄砲水で流されて、道路が断たれ、孤立している集落も17カ所に至るという。

       ニュースの中で、毎年繰り返される集中豪雨の被害が、単なる天災ではなく、人災でないかと告発していたのは興味深かった。
       交通量の多い高速道路が土砂崩れで不通になったのは、山の斜面を切り出した部分の補強が設計からして疎かになっていたという主張である。
       また、ソウルでは、地下鉄工事において川底の下を掘る工事のため堤防を削ったが、工事が終わったとして堤防を再構築したものの、今回の大雨でその削った部分から堤防が決壊したという。手抜き工事のせいであると見られている。

       数年前、私が飛行機の窓から日本と韓国の山間部の様子を比較して観察してみたところ、韓国では山の稜線まで開発が進んで、山が丸裸になっている所が多かったのを覚えている。土砂崩れが多く発生するのは、森林の保水力が弱化していることに起因していると思われる。単なる天災とは思えない所以である。

       そして、ソウルでは「半地下」の世帯が水浸しになったという報道もあった。私も実は、ソウルでは半地下の部屋に住んだことがあった。窓もない完全な地下ではなく、辛うじて窓だけが地表に顔を出す、所謂「半地下」の部屋である。ソウルでは、外から見たら一軒家に見えるもの、実は中では多世帯が住む住宅になっている物が多い。私の住んでいた所は、半地下に2世帯住んでいた。
      半地下という住宅構造が存在する以上、少しでも増水すると、半地下の住人は洪水の被害を被るしかないのである。

       韓国では官公庁が、いつもの事ながら、今回の被害は天災であったと発表した。しかし、度重なる災害に、多くの国民は天災の中に人災が潜んでいることに気づき始めている。
      | 社会 | 21:57 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
      14. 混血児として避けて通れない課題=いじめ(3)
      0

         閑話休題。片親が韓国人だからと言っていじめるのは、民族的な差別問題として絶対に許されるべき問題ではない。もし、そういう「いじめ」があったのなら、即座に解決を試みるべきである。弱気でいると、却って馬鹿にされ、いつまで経っても、「韓国に帰れ!」と言われ続けられるからである。

         韓国人という理由だけで差別を受けて来た、在日韓国人の先人達の苦労が忍ばれる出来事であった。
        | 社会 | 01:03 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
        14. 混血児として避けて通れない課題=いじめ(2)
        0
           私の娘たちは気弱な性格のため、いじめられても、何も言い返せず、泣いて帰ってきた。それに対して私は、いじめた友達に対して言い返して来いと娘たちに言いたかったが、ここは日本である。
           もし、子供同士の喧嘩で埒があかなかったら、私がしゃしゃり出て、いじめっ子の親に直接会って決着をつけたいという衝動に駆られたが、何事も第三者の調停者を立てて解決したがるのが日本社会である。
          | 社会 | 23:28 | - | - | - | - |
          14.  混血児として避けて通れない課題:いじめ(1)
          0
             小学四年生の長女と小学一年生の次女が、混血児ゆえに「いじめ」に遭っていた事実が発覚した。母親が韓国人であり、かつ日本語が殆どできないため、その事実を知っている児童から、「韓国に帰れ!」という「いじめ」に遭っていた。
             この「いじめ」というものは、いじめられる側が断固として対処しないと、更にいじめられるのが常である。要するに、いじめれたら、いじめた相手に対して実力行使などの威圧的な態度で強く出ないと、いつまでも馬鹿にされて、いじめられ続けてしまう。

             韓国では、子供同士の喧嘩でも、自分の子供に対しては絶対に負けるなと親が教える。喧嘩に負けたらやり返して来いというくらい、子供に対しては逞しく育てる。喧嘩をふっかけられて、それに対して黙り込んで何も言い返せないような弱い根性では、情けないというのである。
            | 社会 | 23:16 | - | - | - | - |
            2 人災大国の韓国
            0
              昨日、慶尚道の大邱市で新幹線ホームに頭上から乗用車が落ちてくる事故が起きた。日本ではなかなか想像できない事故であるが、韓国ではさもありなんという事故である。

              まずは、日本では事故を未然に防止するための方策を様々立てるが、韓国では実際に事故が起きてから対処するといったケースが多い。
              今回は駅の横にある5メートルくらいの高さから、乗用車が道路を突っ切って列車ホームに落下した事故であるが、日本では事故が起きないように、事故の可能性がある箇所は厳重に安全対策をとるはずである。しかし、事故が起こったということは、大した対策を施していなかった証拠である。

              ところで、韓国では、「天災」より「人災」で人が死ぬ確率が高いと思われる。
              たとえば、ソウルの漢江にある「聖水大橋」が落ち、「三豊百貨店」の建物が崩壊するという、「人災」である。これは、手抜き工事の結果である。ちなみに、私の家内の従姉妹一人も、当時、三豊百貨店の従業員であったが、妊娠した子供を抱えて、瓦礫の下敷きになって犠牲になってしまった。
              さらには、洪水の被害が毎年、同じ場所で繰り返されることもあった。大雨で決壊した堤防を修復せず、放置したため、翌年の大雨でも被害を被るという構図である。これは、天災というよりも人災に値する物である。

              ところで、韓国では何故、手抜き工事が蔓延するのであろうか?
              工事はまず、請負元の会社が発注先の公務員にリベートを渡し、そして自らも仲介料として多額の手数料をとり、そして幾重にも連なる下請会社の段階では、採算が取れないくらいの金額しか受け取れなくなってしまう。そうなると、利益を出すためには、手抜き工事しか方法が無くなるわけで、安全に対する概念は無くなってしまうのである。

              アメリカの映画で「タワーリング・インフェルノ」という映画があったが、あれは手抜き工事で配線の電線が規格より数段細くなっており、そこから火災が発生して大事故になるというストーリーであった。数年前に大邱で発生した地下鉄の火災事故では、シートとかの内装を難燃性の素材にしていたら、大量の死者は出なかったはずである。そして、内装は難燃性の素材に全部交換すると言っておきながら、事故が起きた一年後の調査の結果、全部は交換されていなかったことが明らかとなった。

              ところで、人災といえば、「交通事故」に関しても言及せねばならない。韓国は日本の人口の約35%であるが、韓国の交通事故件数は、日本と殆ど変わらないという事実は、交通事故がいかに多いかを如実に示している。韓国の平均寿命が延びないのは、交通事故で若い人が早死にしているからだという推察もある。

              韓国では、交通マナーが悪く、無理矢理割り込んできたりして、互いに譲歩するといったことがあまり見受けられない。相手が譲歩してくれないのが分かっているため、強引にも割り込まざるを得ないという、悪循環に陥っているのが常である。

              また、車間距離も殆ど取らず、高速道路で120kmの速度で走っていても、前車との距離は車1台分しか空けず、一旦事故が起きると、数十台の連鎖衝突の事故になりやすい。これは、楽観的な国民性からくるものであるが、他人が死んでも自分は大丈夫であろうという過剰なる自信に基づく行為である。私も韓国の高速道をよく走ったものであるが、非常に疲れたのは、安全車間距離を確保するために前車とは50メートルの間を空けて運転していると、次から次から車が割り込んできて、安全車間距離が保てず、とても閉口したのであった。

              そして、釜山で車を走らせたときには、ウインカーを点灯させずに、車線変更をする車が多く、とても危険だったことを覚えている。

              また、十字路では左右をよく確認しないで、進入してきて事故を起こすケースも多い。バイクも歩道を我が物顔で暴走しており、歩行者とのトラブルが途絶えない。

              日本では、車優先より「人優先」の社会であるが、韓国は、あくまでも「車優先」の社会である。そのため、歩行者は車が来たら、すばやく避けてあげねばならず、人が車に道を譲るのは当たり前だという風潮がある。
              これは、私の推察であるが、韓国は昔より身分制度が厳然とあり、貴族と奴隷の主従関係は確固たるものであった。現代に至っては貴族という身分のかわりに、金持ちが権力をもつようになった。それで車が普及し始めた当初は、その所有は金持ちだけの特権であったはずで、それがそのまま車がいばるようになった風潮ができたのではないかと思われる。

              以上、人災の多い韓国について述べてみたが、韓国人の私の家内は、それでも「天災」である地震で日本で死ぬよりも、「人災」が多い韓国で死にたいと常々言っている。そして、その反対に、私の両親は地震で死んでもいいから、外国には住まず。日本で死にたいと言っている。
              人間というものは、「死ぬなら、やはり故郷で死にたい」という願望が大きいことを発見した。
              | 社会 | 13:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |